レセプト債での投資詐欺ニュース

こんにちは。ファクタリング解析サイトの管理人、前田です。

日経新聞に、気になるニュース記事を見つけました。

まずはこちらをご覧ください。

※日経新聞2017年2月16日より

私は高卒ですから、レセプト債権詐欺って言われても、そこまで詳しくは分かりません。

しかし、ちょっと高学歴だから…、お金持ち出身だから…、と、肩書は良くても詐欺師・ペテン師コンサルタント・嘘つきホラッチョは、日本全国にたくさんいます。

先日廃業していた、CPAフィナンシャルアカデミーのチョビヒゲ会計士も同じです。学を生かし、様々な悪徳コンサル会社と手を組み、ファクタリングの法の抜け穴に目を付けて、様々な金品絡みの詐欺を行う…、私は本当に怒れています。

上記のように、詐欺師は平気でいます。

最初から投資家を騙す目的なのに、騙すつもりはなかったという言い訳で、罪を免れようとしています。

神様は見ています。私は本物の詐欺師に怒り狂っていますので、このサイトを頑張っているわけですが、許せませんね。

こんなことをする高学歴ゴミども居るので、ファクタリング業界も変な目で見られがちなのです。

本当に真面目に一生懸命、中小企業の経営者様と共に、日本経済の波を乗り越えようと頑張っているファクタリング会社もあります。それが当サイトの存在意義です。

話はそれましたが、このニュースをもっと詳しく知りたい方はコチラ↓

レセプト債ポンジースキーム詐欺(株式会社オプティファクター)

産経ニュースにもありました。↓

※ニュース記事は一定期間が経てば消える可能性がありますので、風化させないためにも画像で保存・掲載しています。

管理人コメント

いや、どうですか?あり得ませんね、詐欺師どもめ…。

私は被害者でも加害者でもないのですが、新聞を読み進めて、実情を調べているうちに、被害者に感情移入してしまいました…。

オレオレ詐欺の進化版、現代版ですよ、これは。シン・オレオレ詐欺です。

結局こいつらは、集めた数十億円、何に使ったのか…。そこですよね。警察はそこを徹底的に突き詰めてほしい。そこには日本社会の問題があるんです。

何がどうなって、この詐欺師軍団は赤字経営になったのか。

その詐欺で投資家から詐欺ったお金で、果たして何をしていたのか?

豪遊していたのか?真面目に商売していて、数十億円も本当に失敗したのか?ヤクザから金借りてたのか?海外かどこかへ隠し財産にして、裁判・起訴後に逃げるのか?

検察・警察は、その事実関係を明らかにし、報道して頂きたい。そうでなければ、被害者が可哀そうすぎます。あんまりです。人権なんて、犯罪者には関係ないでしょう。犯罪者の人権を擁護する人間には、被害者の立場になって物を言えといいたい。あなたが大切な3000万円を盗まれたとしましょう。正気でいられますか?ムリです。この被害者の人権が最優先です。

しかしこいつらはプロのペテン師。自称コンサルタントの高学歴エリート詐欺師軍団。

たぶん取り調べでも嘘をついて逃げ回ると思いますよ。お金も隠しているはずなので、返ってきませんでしょうね。被害者の会を作って対抗してほしいと思います。